• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ここから本文です。


就活お役立ちマニュアル

就職活動の流れ

GoManualList.jpg
自己分析 情報収集 応募書類作成 面接・試験 内定・採用 資料へ

内定・採用

内定通知を受け取ったら、いよいよ就職活動の締めくくりです。お世話になった方々に内定の連絡をし、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

内定の連絡を受けたら

厳しい面接や試験を通過し、採用内定の連絡を受けるとホッとするのは誰しも同じです。ここで気を抜かず、卒業に向け、勉学に励みましょう。卒業に向けて学生生活の締めくくりをしっかりすることが大切です。
万一、「内定をもらったが、別な進路を目指すことになった」「別な会社から内定をいただいたので、そちらに行きたい」などにより、内定を辞退する場合は、必ず、採用担当者に連絡をしましょう。企業は採用活動に多くの労力を費やしています。内定をいただいたお礼とともに、誠意をもって事情を説明し、理解していただけるよう努力しましょう。

社会人として働くということ

就職先が決まったら、お世話になった方々に連絡をし、感謝の気持ちを表しましょう。内定後は、入社式まで、企業から宿題が出たり、、研修を受けたりと忙しいものですが、忘れずお礼をすることが社会人としての第一歩です。 また、社会人になると「自立」が求められます。ここでいう「自立」とは、単に親からの「経済的自立」を指すのではなく、「自己管理」「自己責任」等も含んだ「自立」です。
みなさんは、学校を卒業して社会に出て、社会人として働くことを選択しました。今後、あなたは自身の可能性を追求し、成長していくことが出来るのです。

自分のキャリアを高める努力を

目標の会社に入れたことは、職業人としてのスタートラインに立ったということ。むしろ大切なのはこれからです。
将来自分はどんな職業人になりたいのかを再度考え、具体的なキャリアデザインを描いてみましょう(図−1参照)。この際の目標設定では、短期・中期というように中間目標があると、より目標達成のステップが明確になります。
また、自分のキャリアデザインを作ったら、如何に実行していくのかが大切です。目標は常に目の前において意識していないと、目先の仕事や生活に追われ、後回しにされかねません。ときどき目標の実効成果を振り返り、計画を修正・見直ししていくことが大切です。


▲ 図−1