• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 雇用・労働 > しずおか就職net > 学生のためのしずおか就活マガジン「しずJOBナビ」

ここから本文です。


学生のためのしずおか就活マガジン「しずJOBナビ」

学生のためのしずおか就活マガジン「しずJOBナビ」

2018/01/17

企業紹介&住みやすさ1月号 株式会社日本設計工業

株式会社日本設計工業

  • 10年前に移転し、技術ターミナルと本社を統合

    10年前に移転し、
    技術ターミナルと本社を統合

  • ワンフロアに設計・制御・営業・標準化部門等が同居し、連携力を発揮

    ワンフロアに設計・制御・営業・
    標準化部門等が同居し、連携力を発揮

業種
エンジニアリング及び産業用ロボット製造業
所在地
静岡県浜松市北区大原町500
従業員数
131人:設計技術開発スタッフ 51名、製造スタッフ 40名、営業スタッフ 11名、事務スタッフ他 29名
企業HP URL
http://www.nissetsuko.co.jp/

事業概要

自動車業界、医療医薬業界、液晶分野を中心に、最新のヒューマノイド(ヒト型)ロボットを用いた搬送装置や生産ライン、自動化装置をシステム販売する専門メーカーです。営業、開発、機械設計、調達、製造、調整、据え付けまで一貫体制で、企業の細かな要望にオーダーメイドで応えています。また、創業以来培ってきた実績とノウハウを汎用性のある装置に生かすことで、販路を拡大しています。一般社団法人日本ロボット工業会が認証するロボットシステムインテグレータ企業として、今後はロボット革命にも取り組み、産業用ヒューマノイドロボットと人間が共働できる装置を構築し、労働人口の減少克服に貢献していきたいと考えています。

  • 将来が期待されるヒト型ロボットを用いたシステム

    将来が期待される
    ヒト型ロボットを用いたシステム

  • 各フロアにスローガンを掲げ、一体感を持ち、社員の心をひとつに!

    各フロアにスローガンを掲げ、
    一体感を持ち、社員の心をひとつに!

先輩社員のある日の1日に密着!

標準化部門に所属する山下昂輝さん(24)は、オーダーメイドの搬送装置などを汎用化するために、主に改造・試作業務を担当しています。「ほんの一部分でも、自分の描いた図面で装置ができた時は嬉しいです」。入社してからもうすぐ二年、任せてもらえる仕事も増え、やりがいを感じているようです。目標はロボットの知識・技術を身に付けて、まずは社内で頼りにされる技術者になること。未来のロボットクリエーターのある一日に密着しました。

  • AM8:25〜 ラジオ体操

    気持ちよく仕事が始められるように、毎朝ラジオ体操をしています。任意ですが、社員のほとんどが参加しています。体のスイッチがオンに切り替わります。

  • AM8:30〜 朝礼、本日の予定を入力

    毎日の朝礼では、一人ずつその日の予定を発表。終了後、9時までに「全社出勤予定表」にその日の予定を反映させます。

  • AM9:00〜、随時 CADによる設計作業

    CADを用いて、ヒト型ロボットに用いるハンドの設計などを行います。一度ミスしたことを繰り返さないよう、気を付けています。

  • 〜PM0:00 産業用ロボットの調整

    ロボットプログラムのバグを削除するなど、最終段階の調整を行います。産業用の大きなロボットなので、動かす際は必ず声がけをして安全を確保します。

  • PM0:00〜0:50 社内食堂で昼食

    同期4人と後輩とで昼食タイム。会社の給食を食べています。今日は「ミートオムレツ」!おしゃべりしながらペロリです。

  • PM0:51〜 ヒト型ロボットで検証

    お客さまの要望に応えられるかどうか、社内のロボットで検証を行います。ロボットのハンドを取り替えるなど、あらゆる条件を想定してトライします。

フォトギャラリー

先輩社員の一言

  • 「“最終学歴=仕事”と決めつけないで」

    生産部門 制御ブロック 杉村美咲(23)

    2016年入社

    私は制御ブロックに所属しています。ここでいう制御とは、電気で装置をコントロールすることです。設計図に沿ってプログラミングや配線などを行っています。新人の私は、主に電気部材の手配やCADによる製図を担当しています。時には現場の配線なども行っています。
    大学では化学を専攻、知識がないまま入社しました。初めて図面を見たときは、「線がいっぱいある」というレベル…。それでも、一年目に参加した企業向けの商品展示会では、先輩に教わりながら会場づくりや当日のデモンストレーションなどをやり切りました。自分が発表した内容に、企業の方が納得してくれたことがとても嬉しかったです。できることが少しずつ増え、成長しつつあると感じています。将来的には、ヒト型ロボットのプログラミングに携わってみたいです。
    就活生の皆さんには進んで合同企業説明会に参加し、さまざまな企業のブースに飛び込んでほしいと思います。私は、高校で所属していたロボットクラブのことを振り返り、機械業界に目を向けたことが入社につながりました。「最終学歴=仕事」と決めつけないで、過去を振り返ってみてください。自分の原点に気づけることもあります。広い視野で合同企業説明会を活用してほしいと思います。

  • 杉村美咲

社長に聞く!

  • 「Yes! This is OUR company!!」

    「そうだ!これが私達の会社だ!!」
    これは社長就任時に発表した声明で、「これから先、皆の叡智を結集して会社を作り上げていきたい」という思いを込めました。社員一人ひとりがこの意識の下、「自分だけではなく、みんながいる」「自分もみんなのために協力・共有していこう」という気持ちを持ってもらいたい。会社を動かすには、私だけでなく、社員の力が必要なのです。一人で勝ち得た成功も悪くはありませんが、会社は組織であり、チーム(仲間)です。目標を立て、皆で苦楽を共にして勝ち得た成果を分かち合いたいと思っています。
    「こういう会社でありたい」と思う気持ちは、求める人物像にも通じます。企業理念に共感・共鳴し、他者と共有する気持ちのある人を、当社は求めています。私は面接の際、必ず次のような質問をします。「今まで何かにチャレンジをして、大きな失敗をしたことはありますか?」 答えにくい質問ですよね?しかし、当社で仕事をしていくために、必要な要素が含まれているのです。チャレンジには失敗がつきもの。そこで得た自身の学びをどのように披露するのか、そこに私は着目します。なぜなら、その学生が社員になったときの失敗行動を擬似的に知ることができるからです。共有化こそが当社の宝。失敗も皆と共有し、知恵を出し合って対策を講じる。あるいは、失敗によって学んだことを次のチャレンジに活かす。それがチームの成長につながります。
    当社は、ものづくりには欠かせない搬送装置を国内外へ納め、産業の黒子として躍進を続けています。近年浜松は、新東名や三遠南信などの交通インフラが整備され、ものづくりの発信地として有利な条件が整いました。この舞台を最大限に活かし、経済を支える各業界の発展に寄与する搬送装置専門メーカーとして世界へ羽ばたいていきます。

    代表取締役
    名倉慎太郎

  • 名倉慎太郎

なんでもアピール!

  • ロボットクリエーターを育成

    一般社団法人日本ロボット工業会が認証するシステムインテグレーターである当社が立ち上げた、ロボット技術を修得するプロジェクト。現在30人が所属。ロボット技術者の育成を目的に、皆で知識や技術を高めています。夫々の役割に応じロールプレイングゲームの経験値を参考にしたユニークな肩書きを付けて、楽しみながら学んでいます。

  • ロボットクリエーターを育成

  • 生き生き働くために健康面もサポート!

    フィットネスマシンやマッサージチェアなどを配備して、社員の健康面もサポート。パソコン作業で疲れたときやアイデアに詰まったとき、運動不足の解消…など、喜ばれています。外の景色を眺めながら、いつでも無料で利用できます。

  • 生き生き働くために健康面もサポート!

  • 大切な“家族”のために「ファミリーデー」を開催

    社員は大切な家族です。その社員の家族も、会社にとって大事な家族。毎夏、社員の家族を招待し、ミニイベントや昼食会などを行っています。「職場を見て、毎日安心して送り出してほしい」という思いから、社長自ら工場や事務所を案内しています。

  • 大切な“家族”のために「ファミリーデー」を開催

  • サッカーサークルで社内交流

    会社公認のサークル活動。性別や年齢、部署、経験の有無に関係なく、男女15人が所属しています。毎月1回、練習や試合を楽しんでいます。さまざまな社員と交流することが、良い仕事に結びついています。

  • サッカーサークルで社内交流

【我が街の住みやすさをご紹介】我が街の住みやすいポイントをピックアップ!

  • 子育て支援や医療体制を手厚くサポート

    子育て支援や医療体制を手厚くサポート

    子育てタクシーや子育てファミリー特典など、街ぐるみで子育てを応援。特に、「浜松こども館」は子どもが安心して思い切り遊べる施設として、人気を集めています。また、医療面では「浜松方式」と呼ばれる独自の救急医療体制を確立。救急患者の受け入れを断る率が全国の主要都市に比べて低いことで知られています。

  • 商店街から大型ショッピングセンターまで充実

    商店街から大型ショッピングセンターまで充実

    JR浜松駅周辺にはメイワンや遠鉄百貨店、ザザシティ浜松などのデパートやショッピングセンター、地元の商店街があり、郊外にはイオンモール市野店・志都呂店、プレ葉ウォーク浜北などの大型ショッピングセンターが充実。昨年はコストコもオープンし、ショッピングを満喫できます。

  • 自然派も都会派も満足できる街

    自然派も都会派も満足できる街

    単独の自治体としては全国2番目の面積を誇る浜松市。浜名湖畔でマリンスポーツを楽しみながら暮らす「リゾートライフ」、山間部で自然と暮らす「スローライフ」、市街地で都会的な暮らしを楽しむ「アーバンライフ」など、思い思いの暮らしを楽しめます。
    写真提供:浜松観光コンベンションビューロー