• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ここから本文です。


 
令和3年02月28日 現在 コトキョウトカブシキガイシャ
こと京都株式会社
【全学部対象】九条ねぎに特化!6次産業であなたの能力を活かしてみませんか?
 農林漁業、食品・飲料製造業
新卒募集中 管理的職業
人材育成 女性活躍 TOP企業 エコ推進 障害者雇用
 
 
九条ねぎに特化し、生産から加工、販売までを一貫しておこない、六次産業化を実践している会社です。

主に、九条ねぎ、カットねぎ、葱油やドレッシングの調味料など。京都の伝統野菜である九条ねぎの美味しさや魅力を発信し、もっと多くの方に身近に感じてもらうために新しい価値をつくっています。

現在、取引先は約900社、出荷量は年間約1200t、畑の面積は東京ドーム約6個分。国内シェア約20%を占め、北は北海道から南は沖縄まで、全国のスーパーや飲食店に新鮮なねぎをお届け。また、いくつかの加工品はフランスやイタリア、香港など海外への輸出もおこなっています。

2020年3月には静岡県に新工場が竣工。
2021年4月には、京都府京丹後市に新農場が誕生予定と、さらなる成長を目指しています。

〇受賞歴

2014年 第8回京都創造者大賞 企業部門受賞
2017年 全国優良経営体表彰 農林水産大臣賞受賞
2018年 第57回農林水産祭 6次化経営部門 天皇杯受賞
 
「京都伝統野菜 こと九条ねぎ」を世に広げることをミッションに、”ねぎの新しい価値”を創造し続けていきます。
ブランディングやマーケティングなど、農業≠ビジネスという常識を覆す活動を行っています。
農場・工場・事務・営業それぞれが連携をとり、お客様に新鮮なねぎをお届けしています。
 

 
採用情報
 
インターンシップ
 
会社概要
設立年月日
2002年05月01日
代表者
代表取締役 山田 敏之 
資本金等(または出資金、基本財産)
2100万円
売上高等(または預金残高)
15億円
主要取扱商品
カットねぎ、長ねぎ 
ここに注目
■SNSやアプリを活用し、業務効率化!

コミュニケーションツールとして「Chatwork」、日報には「Gamba」、動画マニュアルには「Clipline」などを活用。物理的に距離が離れていても、どのチームでも気軽に連絡や相談ができるオープンさを心がけています。

■若手が活躍できる環境!

専門家によるコーチング研修や、リーダー研修、その他勉強会も。また、資格試験など補助を受ける「キャリアアップ制度」や、年に1回「こと京都賞」という表彰制度など、自己啓発支援もおこなっています。

■ITの活用!
生産現場では、ねぎの栽培記録にクラウドサービスを利用。また、受発注には自社開発したシステムを導入し、業務効率化と顧客満足度の両立につながっています。
従業員数
178名 
支店営業所等
本社・横大路工場
〒612-8236 京都市伏見区横大路下三栖里ノ内30

向島工場
〒612-8155 京都市伏見区向島東定請152

藤枝工場
〒426-0044 静岡県藤枝市大東町488 
事業内容
ねぎの生産・加工・販売、京野菜の卸販売、通販事業 
採用実績
2020年度 10名
2021年度(見込)5名 
所在地
〒4260044     静岡県 藤枝市 大東町488 
TEL:0546341717  FAX:0546341718
ホームページ:https://kotokyoto.co.jp/
当社の取り組み
人材育成
従業員の「技能検定受験」「研修環境の整備」「資格取得の支援」「技術継承」など人材育成(スキルアップ)の推進に取り組んでいる企業等です。
 
女性活躍
次世代育成支援法に基づく行動計画」、「男女共同参画社会づくり宣言」に取り組むなど女性社員の管理職等への登用や育児休業活用など女性が能力発揮できる環境づくりに積極的な企業等です。
 
TOP企業
業績や業界初の開発技術、特許や独自技術などで、静岡県トップ、○○地区トップ、業界(シェア)トップ、世界で活躍、○○で唯一など、「これは当社がTOP」とアピールできる企業等です。
 
エコ推進
しずおか環境行動宣言“HOPE”事業所版」や環境対策の活動に取り組むなど、エコ推進に取り組んでいます。
 
障害者雇用
障害のある方を積極的に雇用するなど、障害のある方の就労支援に取り組んでいます。
 
詳細
■全国の生産者仲間のネットワーク

市場のように変動する価格ではなく、栽培計画を持ち寄って全国の生産者仲間と年間契約。また、情報共有やシステム共有をおこない、生産者仲間の安定収入・省力化、商品の安定供給につながっています。

■BCP対策

BCPとは、異常気象や新型コロナ、地震といった予測不可能な緊急事態に見舞われた際に取るための施策のこと。新たなウイルスや異常気象の発生は今後も避けては通れないので、どのように対応するかを具体的に「防災指針書」に文書化し、勉強会や防災訓練を実施しています。

■SDGsへの取り組み

国際社会の一員として、『A』から始まる次の4つのテーマを中心に取り組みをおこなっています。
1.Agricultural development / 農業発展
2.Agricultural welfare cooperation / 農業福祉連携
3.Against natural disaster / 自然災害に対して
4.Air pollution and environmental problems / 大気汚染と環境問題

検索結果に戻る 別の条件で検索する